スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Scansnapのスキャン時設定
Scansnapはスキャン開始ボタンが一つあり、PC側の付属アプリケーションで設定したモードでスキャンを行う。実現したいスキャン結果の出力は次の通り。

○カラーページ
300dpi/カラースキャン/jpg連番保存
○モノクロページ
 300dpi/グレースケール/jpg連番保存
○共通
 サイズ自動認識
 jpeg圧縮率1(最低圧縮)
 継続読み取りあり
 スキャン時の追加オプション(OCR/向き補正/傾き補正等)はすべて無効

Scansnapにはカラー/モノクロの自動判別モードがあるが、このモードを使うとjpg保存ができず、PDFへの出力のみがサポートされる。これは望む形ではないので、カラーページの度にスキャンを一時停止してモードを変更している。

ページの連番はファイルシステム上で次の採番番号を確認している模様。少なくとも連番末尾のファイルを削除すると一番大きな番号から番号を振り直すことと、若番のみをリネームなどでない状態にしてからスキャンすると失われた番号に対して採番することは確認している。
アプリケーション起動中にファイルシステム側でファイルの追加削除をした場合にキチンと反映されるかは未確認。ただ、なんとなく反映されそうな気はする。

カラーページをカラーで、モノクロページをグレースケールでスキャンするのは、単にモノクロページのグレースケール化や階調変換処理を掛けるのが面倒くさいから。そういったことのできるフリーソフトがあることは知っていて、使うこともできるとは思うのだがなんとなく手間に感じてしまう。そもそも、雑誌のカラーページが少ないためほとんどの場合カラーでスキャンする意味がないところが気になっているのだと思う。モノクロの方が見やすいかどうかは人による。

原稿の傾き加減は、スキャン後の画像を確認して上部断ち切りが斜めに見えるかどうかで判断している。画像表示時に多少斜めかも?と思う程度のずれの場合には無視する。
サイズ自動認識にすると、この斜め部分を適当にトリミングして切り落としてしまっている可能性がある。トリミングの結果斜めスキャンが目立たないという形。
目立たなくなっており、一見して区別がつかなくなっているならば傾いていないと判断してしまってもよい。というかそれくらいしか違いがなく、違っていることに気が付かないならば、それはその本人にとっては違っていないことと同義といえる。
サイズ自動認識にすると、画像の縦横サイズが微妙に異なるデータファイルが出来上がる。これがどうしても気になる場合には、例えば長辺方向を基準に固定長にリサイズしたうえで、全画像のサイズをチェックして最大サイズに合わせて小口側に余白を追加するとよい。小口側がどちらになるかはスキャン開始時のページ状態に依存するが、一般的には奇数ページは画像左側が、偶数ページは画像右側が小口になる。
ノド側に余白が追加した場合、見開きページで中央に白線が入ることになる。見開きページのない書籍ならば問題なし。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。