3-2-1
経験値稼ぎの最適地ともいえる3-2-1マップ。ここは駆逐艦のみの編成で突入しなければ行き先が固定されており、かつ敵艦隊の編成が駆逐艦・軽巡洋艦・雷装巡洋艦の3種類で構成されている。
これらの艦種は潜水艦が敵艦隊に存在するとそれを撃沈するまで最優先で砲戦攻撃を行う行動ルーチンをもっている。その一方、味方艦隊は旗艦にした艦艇はどれだけ攻撃を受けようともHPが1以下にはならない(=撃沈しない)という特性を持っている。

そのため、潜水艦を旗艦にして3-2-1に突入すると、砲戦フェーズの全ての攻撃が潜水艦に集中し、かつ撃沈しないという無敵艦隊が出現することになる。
※雷撃戦になった場合の攻撃対象は潜水艦以外を含む為、砲戦フェーズまでの話。

砲戦の段階で全ての敵艦隊を撃沈することができれば、潜水艦以外の艦艇は無傷で勝利することができる。

これを実現するための火力はおおよそ次の通り。

・疲労マークの表示されていない正規空母1
・疲労マークの表示されていない軽空母2
・戦艦1

これらの4艦艇が存在することにより
(1)開戦フェーズの航空機動部隊による先制航空攻撃
(2)通常砲戦フェーズの航空攻撃3回
(3)戦艦の存在による追加砲戦フェーズの航空攻撃3回
と、計7回の攻撃が行われるようになる。前述のとおり敵艦隊には航空部隊が存在しないため、空母は艦載機をすべて攻撃機にすることができる。このような航空機運用を行うことで、弾薬消費量を抑えると同時にボーキサイトの消費も軽減することができる。

潜水艦を盾にするため、旗艦が必ず潜水艦になる。艦隊編成は6隻で行われるため1隻空きができるが、ここには経験値を稼がせたい適当な艦艇を配備することができる。

従って、艦隊編成は次のようになる。
・潜水艦(旗艦)
・正規空母1
・軽空母2
・戦艦1
・その他1

本編成では攻撃手段は艦載機になるため、空母・軽空母は疲労を考慮する必要がある。一方その他の艦艇は攻撃力を目的とした選択をしていないため、疲労を考慮せず連続出撃して問題ない。
この編成で繰り返し出撃する場合、潜水艦・戦艦・その他1の艦艇は早々に疲労を蓄積し攻撃力を大きく落とすことになる。残る空母と軽空母は、搭載艦載機の数の違いからほとんどの場合空母が戦果を大きく上げることとなり、勝利時のMVPを取得する。また、潜水艦は被弾を繰り返すもののHP1になった以降はこれ以上のダメージを受けなくなるため、被弾0、敵艦隊殲滅の完全勝利を上げることができるようになる。

戦闘を繰り返すと艦艇は疲労するが、戦闘勝利により若干の疲労回復が行われる。また、MVPを取得すると追加で疲労回復が行われる。この結果、軽空母は2戦すると疲労マークがつくが、正規空母は6~8戦くらいしないと疲労マークがつかなくなる。

空母・軽空母が疲労すると攻撃力に悪影響があるため、疲労回復を待つか、他の疲労していない艦艇に入れ替えるかのいずれかの対応を行う。疲労回復を待つ場合は相応の時間が必要だが、艦艇の入れ替えを行うならば連続出撃が可能。この時、入れ替え対象とする鑑定はレベルがどれだけ低くてもあまり問題にはならない。被弾することはなく、砲撃するわけでもないため艦艇自身のパラメータも影響は小さいため。ただし、艦載機の数が少ないと艦艇入れ替えのたびに装備の入れ替えが発生する。これを避けるためにも艦載機は必要な数をそろえておくとよい。

実践してみている限りにおいて、正規空母2隻に対して軽空母は12隻くらいいるとノンストップで出撃を繰り返すことができるようになる。3-2-1では軽空母もそれなりに手に入るので、最初のうちは数が足りなかったとしてもそのうち必要数を揃えることができる。

数値面の情報は次の通りになる。

マップ経験値は320である。
戦闘結果は必ずSになる。
旗艦である潜水艦は戦闘毎に旗艦ボーナスとS勝利ボーナスの加算されたexp576を得る。
正規空母は戦闘毎にMVPボーナスとS勝利ボーナスの加算されたexp768を得る。
その他艦艇はS勝利ボーナスの加算されたexp384を得る。

艦隊編成として、現実的に最も出撃コストの大きな構成を想定すると
陸奥改、長門改、加賀改、隼鷹改、飛鷹改、伊58改
戦闘1回分の補給コストは燃料が76、弾薬が103になる。
ただし、現実的には高火力の戦艦はこのような形で経験値を流し込む必要はないため、その他枠に入る艦艇は軽量艦艇のみになる。これらの中でコストが重いのは重巡洋艦の改造後か、雷装巡洋艦のどちらかになる。また、戦艦は金剛級のいずれかを組み入れればよい。このような編成にすると、補給コストは燃料が60、弾薬が77になる。これが最大値であるため、実際のコストはこれよりもさらに小さくなる。

燃料と弾薬は遠征の海上護衛任務や、鼠輸送作戦で自然増を越えて効率よく収集できる。
海上護衛任務を1日3回、鼠輸送作戦を1日2回実施したとすると、おおよそ燃料800、弾薬1100を見込むことができる。自然増ではそれぞれ1440増えるため、一日30回3-2-1に出撃しても消費資材が赤字にならない。資源収入はこのほかにクエストでもあるため、さらに多くの出撃も可能。

一日30回3-2-1に出撃を繰り返した場合、旗艦に据えた潜水艦は一日17280の経験値を獲得できる。その他の艦は11520。
これを単純に繰り返すと、潜水艦は8日目、僚艦は11日目にLv50に到達する。空母は6日目に到達する計算だが、2隻でローテーションしているはずなので実際には12日目に2隻がLv50になる。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック