週末
先週の週末は金曜日を有給休暇にしたので3連休。

【金曜日】
子供のポリオ予防接種と分電盤故障のこと

【土曜日】
キッチンボードの追加と庭作業のこと

【日曜日】
模型イベントのこと

○金曜日
ポリオの予防接種に行ってきた。久しぶりに休みを取って動画撮影をしについていく。針を刺した時点では違和感くらいしかないようだが、薬液を注入するとやはり痛みがある模様。ただ、いつも行っている病院は注射の後におもちゃを貰えるのでそれにつられて1分もせずに機嫌を直すのがいつものパターンになっている。
今回の予防接種は不活化ワクチンを使った自費接種だったが、次以降は不活化ワクチンでも公費でできるのではないか、とのことだった。

分電盤のなかの一つの子ブレーカーが不調で、ブレーカーを上げても下げても該当の系統で電源が使えない状態になっている。以前同様の状態になった時は少し時間をおいたら復活したので様子見をしていたのだが3週間近くたっても一時復活しただけで基本的に壊れたままなので、電気屋の人に来てもらった。
調べたところ、該当の子ブレーカーは電気が通らなくなっているわけではないが電圧が不安定で、結果的に電気機器が使えない状態になっているらしい。子ブレーカーのみの交換だと即日対応が可能で7000円くらいの費用だとのこと。
分電盤は家ができたときからのものらしく、既に製造25年が経過している。分電盤自体も壊れるまで使うことができるはずだが、電源系は不用意に壊れると電気が使えずに面倒なことになるばかりか火災に繋がる恐れもないわけではない。また、電気屋の日との話に依ればこういったブレーカーは壊れるときは壊れるが使えるときには30年40年とつかえるとのこと。もちろんそれは判るのだが、現にひとつ壊れている以上今後数年のうちに2個3個と壊れる可能性はそれなりにあるだろうと考えられる。25年ものの分電盤には子ブレーカーが12個設置されているため、これらのうち半分が壊れたとすると4万くらいの費用が掛かることになる。
分電盤自体を交換したらいくらくらいかかるかについても質問したところ、機材自体が4万弱、工賃が2万弱で6万はしないでできるだろうとのことだったため、そちらで実施してもらうことにした。分電盤のメーカーはどこになるかわからないが、蓋つきで子ブレーカーが14+2個付くものになるらしい。
キッチンの改修をした際に食洗機と電子レンジ向けに子ブレーカーを2個外付けしているのだが、この電源ケーブルが現在は露出配線されておりモールでカバーされている状態になっている。これも分電盤を交換する際に可能であれば隠蔽配線ができないかどうかを試してもらうことにした。ここが隠ぺいできれば見栄えが多少改善されるので期待したい。

分電盤自体の手配は週末に実施でき、月曜日には交換できる見込みだとのこと。こういった作業はぜひ目の前で見ておきたいのだが、さすがに休みを取りにくいのでその日にやってもらうことにした。

カーポートの屋根と支柱の間のスペーサーが錆びまくっていたので、暫く前に8箇所のうち2か所だけお試しで錆落としと錆転換剤での保護をしている。この保護がそこそこうまくいっているようであったので、残り6箇所のうち4カ所も処理を行った。残った2箇所はコニファーに侵食されていて作業しにくい個所なので、コニファーを多少刈り込んでから作業をする。

夕食はサイゼリアに行った。ここで冷房がやや強め+子供が薄着+冷房前の席だったためか子供が震える事態に。仕方ないので上着を着せて冷房を少し弱めてもらったうえで、お湯等で中からも温めることに。気温のおかげか料理のおかげかなんでもパクパク食べたうえにお湯も飲みまくる。そして水っぱらになったせいか派手に食べたものと飲んだものを全部戻した(;´Д`)
幸いキャッチャーはしていたので2/3くらいは器に戻せたが、床とテーブルとソファとに結構な被害が……ちょうど両サイドの席に他の客がいなかったことは不幸中の幸い。
近場のファミレスだからといって着替えなどを持って行っていなかったのが失敗だったかも(´・ω・`)


○土曜日
午前中のまだあまり暑くなってない時間帯に、カーポートの屋根の樋に堆積していた落ち葉、土類を撤去した。また、屋根の上に張り出してきているコニファーの枝もそこそこ刈り込んだ。土砂類は大まかには撤去しきったので、こびりついた汚れを落とすために狭いところを掃除できるブラシとデッキブラシを使って洗い流せばほぼ完了、のはず。
洗い流しの際には滑り落ちないようにいつも以上に気を張った作業が必要。
コニファーに覆いかぶさられていた箇所は、コニファーの落ち葉が堆積して樋を完全に埋めていたうえ、いい感じに堆肥?土様に変化しており、さらに蟻が巣をつくっていた。これも全撤去している。

午後には先日購入したキッチンボードが到着した。これでキッチンの大型設備は揃ったはず。あとは家電と中小型設備(ゴミ箱とか)を用意すればいい、はず。

○日曜日
模型の祭典WonderFestivalに行ってきた。ディーラー出品する友人の手伝いとして設営と店番の要因としての参加。模型そのものに対しては見る分にはよいが買おうとまでは思わないので、見て写真を適当にとるイベントとなっている。自宅から会場までの距離が遠いのがやや難点か。
頒布物は開場20分で売り切れた。その後は店番したり時々周囲を見て回ったり。フィギュアは場所をとるうえ手間のかかり具合が許容レベルを超えているので手を出す気が全くない。技術的な背景がそろっていれば手を出す気になるかもしれないが、当面その心配はなさそう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック