スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aterm PA-WR8370N-HP
少し前にAtermWR8370N PA-WR8370N-HPを買った。
ギガビットHUBが欲しいと思い、どうせだったら無線ルータもいいよね、と思ったため。
無線ルータは実質的に5ポートのHUBとしても利用できるが、5ポートHUBが2000円前後のところ、PLANEXの無線ルータが3500円くらいだったのでこれぐらいの差額だったら無線でいいんじゃないかと思い直す。
そののち、PLANEXの問題のルータはご多分に漏れず派手に地雷のようなので素直に鉄板になるNECの機種を選ぶ、価格.comの最安値とポイント割引後の名目価格が同一だったためヨドバシカメラで購入。4960円なり。10%ポイント割引すると4464円
そしてHUBを買う時と比較して倍以上の値段になっているといまさらながら気が付く。まあ11n規格無線がついてきたと考えれば、いずれは欲しいと思っていたものなのでよしとしよう。
機器そのものは特に何も困ったことが起こらずに接続を完了した。今回はSSIDに設定してみた。しかし、Windowsか見てみると無名の無線ステーションとしてリストアップされることが判った(´・ω・`)そもそもリストアップされないのかと思っていた。

暫く使っているが、特に問題になることは起こっていない。ついでに無線規格が変わったにもかかわらず速度の体感も変わっていない。使っている端末やアプリの特性なのだろうか、負荷掛ければ変わってくるのかもしれない。

TV側がネットワークから隔離される形となった。できることならば有線LANを引き回したいが、今の家の構造だとかなりの困難を伴うため、無線コンバータを使ってネットワーク接続するのが妥当な解になると思う。
要件は以下
(1)11nに対応すること(5GHzは必要ではない)
(2)LANポートができれば3ポート以上あること
(3)有線側がギガビット対応していること
そして、これらの要件を十分満たす機器は購入を検討した不具合報告満載のplanexルータとなる。amazonで\3600だから買ってしまってもいいか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。