スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末
○土曜日
左肩から背中、首にかけて寝違えたような痛みが月曜~火曜頃からずっと続いているため、まずは整形外科に行ってみた。首のレントゲンを撮り、やや前傾しているが大きな異常はないとの診断。湿布と鎮痛剤と筋肉の緊張緩和の薬を処方された。薬のおかげで痛みは軽減しているが、鎮痛剤の効果だけではないかとの疑いもある。一週間様子を見て軽快しないようならばもう一度病院に行く。

子供がリビングの扉を開けるようになったとのことだったので、レバーハンドルを仮止めしていたが、別の扉についている簡易鍵付きのレバーハンドルと交換しようとしてみた。あとから考えれば当たり前なのだが、簡易鍵用の穴が扉に必要で、鍵なしの扉には当然この穴がないため単純には交換することができなかった。半年程度扉が不用意に開かなければよいので、扉止めを扉上部に噛ませることで対処する。

タッパーウェアの蓋に、カードが縦には通るが横には通らない程度の穴をあけたものを作っている(作ったのは親の親であり、自分ではない)。子供が最近これを理解しつつあり、カードを渡すとタッパーに入れようとするようになった。ただし、縦横はまだ良く判っていないようなので、カードを横に持ってしまうと入れることができない。縦に持つことができると上手く入れることができ、入れるたびに「んっ」と声を上げる。どうやらうまく入った合図らしい。
一歳年上の従兄は自分で縦横そろえて入れられるようになっているらしいので、そのうちそうなるのだろう。

○日曜日
暫く前にスタジオアリスに一歳記念の写真撮影に行っていたが、その際の写真のうちの一枚が店頭展示されているので見に行ってみた。展示されている写真は面白い顔をした一枚で、四つ切額入りになっている。
大きくプリントされた状態でみると、面白くはあるが思っていたほどすごく面白いというほどではなかった。
スタジオアリスは撮影に来た2回ばかりか、出来上がりを受け取りに来た時にも店頭に来ただけで子供が大泣きしていたのだが、今回も店の前に行くまでは結構機嫌よく歩いていたのに、店の前に来たところで泣き出した(´・ω・`)
いったい何が気に入らないのか……

その後ホームセンターで太枝切り鋏を買って帰った。
太枝切り鋏は、普通の園芸鋏では切断が困難な太めの枝を切り刻んでごみ袋で捨てるためのもの。長いこと放置していた枝類のうち、特に太くて手が出せなかったものをこれで5~10cmくらいに切り刻んだ。園芸鋏で手が出るものはそちらで裁断。
先週切り落とした薔薇の枝も刻んでゴミ袋に。
その他日が落ちる前まで(背中と左肩に痛みがあるのに)あちこち刻みまくった。
1.ルリマツリの、柵を回っている枝
2.花梨の下の雑木1/1
3.花水木下の雑木2/4
4.北東隅の低木2
5.小さく生えてきている小雑木少々
2cm近い枝も比較的楽に切れるので作業が進む。園芸鋏や剪定鋏だけでは作業が停滞するので結果として全体放置していた枝の始末が切った側からできるのは快適。懸案にしていた剪定後の枝始末はこれで暫くは進めることが出来そう。


○庭の残作業
もう既に春なので、気が付いて目につくところから順次作業する。対象は以下。
1.剪定作業
1-1.北側・東側の蔦の剪定
1-2.南東角の葉薊の剪定
1-3.北東角の低木の剪定(残り1)
1-4.花水木下の低木雑木の伐採(残り2~)
1-5.玄関コニファーの大規模剪定
2.外観整備
2-1.玄関前金のなる木の花壇整備
2-2.掃出し窓前の薔薇跡地整備
3.地面整備
3-1.北側領域の雑草除去および砂利・石除去
3-2.東側領域の雑草除去および砂利・石除去
3-3.葉薊の根の除去
3-4.南側領域の雑草除去および砂利・石除去
4.植栽整理
4-1.北側領域の松葉菊整理
4-2.各方面の水仙掘り上げ
4-3.西側領域のクリスマスローズ整理
4-4.倉庫前のホタルブクロ整理
4-5.南側領域のアイビー整理
4-6.倉庫横の茗荷・紫蘭整理

気が遠くなるな(;´Д`)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。