週末
○土曜日
先日息子の一歳記念にスタジオアリスで撮影した写真類が出来上がったので取りに行った。撮影の際には大泣きし、一週時間をおいて2回撮影したもののどちらでも大泣きしていた。今回は特に店の中には入らなかったが。店頭に着いた時点で大泣きする。どうもなにが怖いのかは良く判らない。
撮影した写真が店頭に飾られるらしいので、3月にまた行ってみる。

○日曜日
雨は降っておらず土も酷く湿っているわけではなかったので、先延ばしにし続けていた薔薇の移植を敢行する。
移植元
掃出し窓前の薔薇(大株1、中株2)
移植先
南側倉庫横(大株)
ダイニング出窓下(中株)
大株の移植先は日当たりが微妙。朝は日がさすがそれ以降は直射日光はあたらない、はず。あまりいい状態ではないはずなのだが場所がないので仕方がない。
ダイニング出窓下もあまり日当たりがいいとは言えないが、やはり場所がないので以下略。
大株の移植先に大穴を開け、大量に出てくる石を一旦どかしたうえで移植元の薔薇を掘り返す。想定していたよりもはるかに浅く広く根を張っており、周囲の芝も含めてかなり掘り返したものの結局ほとんどの根を切ってしまうことになった。移植先にはうまく植え付けることが出来たと思うが、日当たりと根切りの問題がどこまで影響するかは未知数。
中株も移植先に穴をあけ、一株ずつ掘り返して移植する。株の一つは半ば枯れかけている状態だが一応生きているようなのでひとまず移植。もう一株は根をエアコン室外機で抑え込んでしまっていたのでやはり根をかなり切ってしまっている。こちらの日当たりは大株ほど悪くはないが、とてもいいというわけでもないので状況の推移には注意する。

懸案だった薔薇の移植は、結果はともかくとしてひとまず2月中に完了した。掃出し窓側には、雨戸の前に薔薇が一株残っているが、これもいずれ別の場所に移植する。

庭の整備のうち、残っている作業を実施すべき優先度順に列記する。
(1)玄関紫陽花近辺の落ち葉整理
(2)北東枯れ木、木鉢の整理
(3)北及び東の蔦整理
(4)玄関前のルリマツリの剪定
(5)葉薊の整理
(6)西側庭の雑木整理
(7)西側庭の下草整理
(8)生ごみ処理機の処分
(9)雨水枡の清掃、殺虫化

(1)~(7)はこれまでもたびたび書いていたものと同じ

(8)は、引っ越し時に既に存在していた生ごみ処理機を廃棄する。
電動式であり、動作させれば動作しなくもないと思われるものだが、一度も使っていない。引越してから暫くはコンセントを繋いでいたので稼働していたが、ずいぶん前にコンセントも抜いてしまったので完全に放置された状態にある。しかも中身が内容不明だが入った状態になっている。このまま残していてもただの不良物件として残り続けることが確実なので、綺麗に処理して廃棄する。
1.内容物を可燃ごみに捨てる。
2.内部と外部を洗浄し、容易に持ち運び可能な状態にする。
3.(粗大ごみとして捨てる、ひとつ500円)
4.(分解破砕して不燃ごみとして捨てる)
丸ごと捨てるなら粗大ごみ、改修可能な形に分解できるなら通常の不燃ごみになる。外装はプラスチックだろうと思うが、内部構造の分別がどうなるのか不明。少なくとも撹拌用の金属パーツとモーター、電源ケーブル、トランスミッターが存在するはずだが、これらも不燃物か?

(9)は、今夏の蚊の発生を抑止することを目的とした作業。蚊の発生には水たまりが必要なので、自宅領域内で水たまりになる場所に手を打つ。
石灰・銅・殺虫剤を投入することで蚊の発生を抑止できるようになる、らしい。まず枡を開けてみて、どんな空間になっているかを確認してから対策を考える。枡を開ける際には酷い状況にあることを想定し、ゴキジェット等装備するとともに虫除け装備を完備する。事前対策として銅線を買っておいてもいいか・・・・
蚊の生息を阻害するには隠れ家になりそうな藪にオルトランなどを撒いておくとよいという話もある。こちらも実施を考えておく。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック