スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のZBOX
あまり調子が良くない。
以前から中程度の負荷で休止状態を挟みつつ使っていると稀にブルースクリーンになったりしていたのだが、ここしばらくは各種サービスが軒並み落ちるなどのよりよろしくない状況に陥ることが目立つようになった。
ブルースクリーンになった際のログを見てみると、カーネルが落ちていることが多い。ファンの回転数を落としているので単純に熱の問題もあるかもしれないが、ページフォルトで落ちていることが多いのでメモリもしくはディスクの問題の可能性を考えていいかもしれない。
ディスク周りのドライバはWindows標準のものしかなく、メモリは当然Windowsコントロール下にあるので、ドライバ更新により状況改善を期待する手段は取れない。
BIOSあたりでメモリアクセスの制御をいじることができたと思うので、まずそれを試してみるか。あとはアンチウイルスソフトのメモリ監視を止めるとか。

熱の影響もあるかもしれないので、ファン回転数の上限を50%から70%に変更した。ただこれだけの変更だとコア温度50℃くらいからファンが派手に回り始めてしまうので、制御開始温度を少し上げておいた。尤もこれで解決していないので、メモリ周りを見なくてはならないことに変わりない(´・ω・`)
メモリ周りの障害だとするとテストしても判らない可能性がある。テストユーティリティはmemtest86+がデファクトスタンダードらしいのでこれを掛けてみるとか、か。

実のところときどきディスクかメモリかのアクセスが刺さっているようなフリーズが発生することもあるので、何かがおかしいことは間違いがない。メモリを買い替えて直る程度の話ならばよいのだが、アーキテクチャ的に全面的にアウトなのだとするとマシンの仕様を止める以外の選択肢がなくなる……

とりあえずやってみる対応として
・BIOSアップデートしてみる。もうやったっけ?アップデートしたはずだがまずそこから確認する。
・メモリアクセスタイミング制御が可能かどうかBIOSを見てみる。可能ならば遅いタイミングに変更してみる。
・メモリキャッシュっぽいBIOS設定を洗い直す。諸々の機能をenableにしないと不味そうな項目かどうか再確認し、disableでもよさそうならばdisableにする。

・アンチウイルスのメモリ検査を停止してみる。
・ページファイルの初期化
・ディスクチェック
・ページファイル無くしてみるとか

後段になってくるとあまり対処を思いつかないので記述が適当になっているが、まあこれくらいだろうか。
メモリテストを暫く回してみるのは気休めとしては有効。これでNGが出るならばメモリ買いかえればいいだけといえる。
尤も、メモリ買換えとなると今度はメモリの電圧が何かなどをまた調べなくてはならないのでこれまた面倒くさい話になる。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。