スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3-2-1
経験値稼ぎの最適地ともいえる3-2-1マップ。ここは駆逐艦のみの編成で突入しなければ行き先が固定されており、かつ敵艦隊の編成が駆逐艦・軽巡洋艦・雷装巡洋艦の3種類で構成されている。
これらの艦種は潜水艦が敵艦隊に存在するとそれを撃沈するまで最優先で砲戦攻撃を行う行動ルーチンをもっている。その一方、味方艦隊は旗艦にした艦艇はどれだけ攻撃を受けようともHPが1以下にはならない(=撃沈しない)という特性を持っている。

そのため、潜水艦を旗艦にして3-2-1に突入すると、砲戦フェーズの全ての攻撃が潜水艦に集中し、かつ撃沈しないという無敵艦隊が出現することになる。
※雷撃戦になった場合の攻撃対象は潜水艦以外を含む為、砲戦フェーズまでの話。

砲戦の段階で全ての敵艦隊を撃沈することができれば、潜水艦以外の艦艇は無傷で勝利することができる。

これを実現するための火力はおおよそ次の通り。

・疲労マークの表示されていない正規空母1
・疲労マークの表示されていない軽空母2
・戦艦1

これらの4艦艇が存在することにより
(1)開戦フェーズの航空機動部隊による先制航空攻撃
(2)通常砲戦フェーズの航空攻撃3回
(3)戦艦の存在による追加砲戦フェーズの航空攻撃3回
と、計7回の攻撃が行われるようになる。前述のとおり敵艦隊には航空部隊が存在しないため、空母は艦載機をすべて攻撃機にすることができる。このような航空機運用を行うことで、弾薬消費量を抑えると同時にボーキサイトの消費も軽減することができる。

潜水艦を盾にするため、旗艦が必ず潜水艦になる。艦隊編成は6隻で行われるため1隻空きができるが、ここには経験値を稼がせたい適当な艦艇を配備することができる。

従って、艦隊編成は次のようになる。
・潜水艦(旗艦)
・正規空母1
・軽空母2
・戦艦1
・その他1

本編成では攻撃手段は艦載機になるため、空母・軽空母は疲労を考慮する必要がある。一方その他の艦艇は攻撃力を目的とした選択をしていないため、疲労を考慮せず連続出撃して問題ない。
この編成で繰り返し出撃する場合、潜水艦・戦艦・その他1の艦艇は早々に疲労を蓄積し攻撃力を大きく落とすことになる。残る空母と軽空母は、搭載艦載機の数の違いからほとんどの場合空母が戦果を大きく上げることとなり、勝利時のMVPを取得する。また、潜水艦は被弾を繰り返すもののHP1になった以降はこれ以上のダメージを受けなくなるため、被弾0、敵艦隊殲滅の完全勝利を上げることができるようになる。

戦闘を繰り返すと艦艇は疲労するが、戦闘勝利により若干の疲労回復が行われる。また、MVPを取得すると追加で疲労回復が行われる。この結果、軽空母は2戦すると疲労マークがつくが、正規空母は6~8戦くらいしないと疲労マークがつかなくなる。

空母・軽空母が疲労すると攻撃力に悪影響があるため、疲労回復を待つか、他の疲労していない艦艇に入れ替えるかのいずれかの対応を行う。疲労回復を待つ場合は相応の時間が必要だが、艦艇の入れ替えを行うならば連続出撃が可能。この時、入れ替え対象とする鑑定はレベルがどれだけ低くてもあまり問題にはならない。被弾することはなく、砲撃するわけでもないため艦艇自身のパラメータも影響は小さいため。ただし、艦載機の数が少ないと艦艇入れ替えのたびに装備の入れ替えが発生する。これを避けるためにも艦載機は必要な数をそろえておくとよい。

実践してみている限りにおいて、正規空母2隻に対して軽空母は12隻くらいいるとノンストップで出撃を繰り返すことができるようになる。3-2-1では軽空母もそれなりに手に入るので、最初のうちは数が足りなかったとしてもそのうち必要数を揃えることができる。

数値面の情報は次の通りになる。

マップ経験値は320である。
戦闘結果は必ずSになる。
旗艦である潜水艦は戦闘毎に旗艦ボーナスとS勝利ボーナスの加算されたexp576を得る。
正規空母は戦闘毎にMVPボーナスとS勝利ボーナスの加算されたexp768を得る。
その他艦艇はS勝利ボーナスの加算されたexp384を得る。

艦隊編成として、現実的に最も出撃コストの大きな構成を想定すると
陸奥改、長門改、加賀改、隼鷹改、飛鷹改、伊58改
戦闘1回分の補給コストは燃料が76、弾薬が103になる。
ただし、現実的には高火力の戦艦はこのような形で経験値を流し込む必要はないため、その他枠に入る艦艇は軽量艦艇のみになる。これらの中でコストが重いのは重巡洋艦の改造後か、雷装巡洋艦のどちらかになる。また、戦艦は金剛級のいずれかを組み入れればよい。このような編成にすると、補給コストは燃料が60、弾薬が77になる。これが最大値であるため、実際のコストはこれよりもさらに小さくなる。

燃料と弾薬は遠征の海上護衛任務や、鼠輸送作戦で自然増を越えて効率よく収集できる。
海上護衛任務を1日3回、鼠輸送作戦を1日2回実施したとすると、おおよそ燃料800、弾薬1100を見込むことができる。自然増ではそれぞれ1440増えるため、一日30回3-2-1に出撃しても消費資材が赤字にならない。資源収入はこのほかにクエストでもあるため、さらに多くの出撃も可能。

一日30回3-2-1に出撃を繰り返した場合、旗艦に据えた潜水艦は一日17280の経験値を獲得できる。その他の艦は11520。
これを単純に繰り返すと、潜水艦は8日目、僚艦は11日目にLv50に到達する。空母は6日目に到達する計算だが、2隻でローテーションしているはずなので実際には12日目に2隻がLv50になる。
スポンサーサイト
E3攻略
E3にはマップ自身にヒットポイントゲージが設定されている。このゲージはマップボスの旗艦にダメージを与えることで減少し、時間とともに回復する。マップのゲージを0にしたうえでボスとの戦闘で旗艦を撃破することでエリアクリアボーナスがもらえるようになる。

E3では、マップのヒットポイントは2880、回復速度は1分1点、旗艦へのダメージの倍がマップダメージになる。という仕様の模様。ここから潜水艦単艦でゲージを削りきるには

1.潜水艦単艦でボスまでたどり着く
2.ボスにダメージを与える

のハードルを越える必要がある。体感でしかないがボス到達は大体8~10戦闘毎に1回くらい。ボス到達時の被弾具合で攻撃回数が変化するが、小破までであれば夜戦込みで3回攻撃、中破ならば夜戦込みで2回攻撃が発生する。ボスは6隻編成なので、ボスへの攻撃期待値はおおよそ20戦につき1回、となる。
与ダメは雷撃値に依存するが、最大値まで改修したうえで4連装酸素魚雷を2門搭載した伊168は夜戦時のクリティカルカットインが入ると100ダメージ以上を叩き出す一方、通常攻撃では20~40くらいが期待値になっている。
おおよその期待ダメージとして70点を仮定すると、ゲージへのダメージは140となる。
なお、20戦の戦闘をおこなう出撃回数は8回を仮定している。

纏めると
8回の出撃で入渠時間を高速修復で半分程度キャンセルしたと仮定すると、8セットの出撃におよそ1時間を要し、敗北数を+10したうえでゲージを140削り60回復される。ボス戦の勝利数は+2になる。
となる。差し引きのゲージダメージは80なので、2880をこのペースで削りきるには36時間がかかる。また、敗北数は360増加し、ボス戦勝利数は72回になる。

この試算はやや厳しめに立てているので実線した場合にはもう少しよい結果が得られると思うが、潜水艦単艦で実施するのは時間がかかりすぎることに変わりはないといえる。
イベント進捗
イベント専用海域のボス戦で、先行配信されている伊58が手に入る(場合がある)ので、E2とE3を繰り返し攻略しているがこれまでのところ手に入っていない。

E2…潜水艦、戦艦3、空母1、水上機母艦1の編成でガチ殴りにいく。大抵の場合水上機母艦が大破し、その他艦艇も甚大な被害を被るものの戦闘での負けはまず発生しない。被害が大きいため連戦が難しく、資源消費も大きい。

E3…潜水艦単艦でボスまで突撃する。途中で被弾すると敗北数が増えるうえ撤退もあり得るため勝率はあまりよくない。統計をとっていないが全体の勝率は4割弱程度、ボス戦で1回勝利するまでに負け数を3~4回増やすくらいのペースでは勝てているように思う。
負け数は150くらい増えているので、ボス戦では30~40くらい勝っている計算になる。体感ではもう少し勝っている気もするが、気のせいかもしれない。

レア艦種として、大井を1、熊野を2手に入れている。ただ欲しいのは潜水艦なので目的は達成できていない。
負け数が増えすぎで勝率が下がってしまっているので、イベント終了まではE2攻略を後しばらく繰り返してドロップを期待する…
艦船強化
艦船の強化方法はいくつかある。

●経験値をためてレベルを上げる
●装備を追加する
●艦船を合成する

艦船単体のパラメータは艦船毎に初期値と上限値が設定されており、それらパラメータのうち火力・雷撃・対空・装甲の4種はレベルを上げるか、艦船を合成することで数値が上昇する。
レベルによる数値上昇と、合成による数値上昇は合算されており区別されない。

なお、艦船は一定レベルまで上げると改造を行うことができる。改造により艦種が変更されるため、これに伴い各パラメータの初期値と上限値が変更される。改造直後の艦船はパラメータが初期値になるのではなくある程度のパラメータ上昇を伴う。これは推測だが、パラメータテーブルを一旦変更し、初期値を設定したのちに当該レベルに上昇するまでの間のパラメータ上昇をシミュレートしているのではないかと考えている。

前述のとおり、パラメータ上昇値はレベルアップ分と合成分が合算されるため、合成のメリットはより低レベルから高いパラメータを使うことができることのみとなる。艦船のレベルが上がっていく際に挙がったはずのパラメータを先取りしているだけともいえる。とはいえ、パラメータ上昇上限はそれなりに高いものもあるため、合成して数値を上げることにはそれに見合うだけのメリットが相応にある。

ざっくりと見たときに、最も上昇幅の大きなパラメータは雷撃になる、次が対空で、火力と装甲はそれなりといった感じ。

雷撃を上げることは極めて容易。というのも手に入りやすい艦種である駆逐艦・軽巡洋艦・重巡洋艦のほぼすべてでパラメータを上げることができるからである。火力と装甲はそこまで上がりやすいわけではないものの、一部の駆逐艦・軽巡洋艦とほとんどの重巡洋艦でパラメータが上がるので特に苦労が必要なわけではない。
最もパラメータを上げることが難しいのは対空で、これは駆逐艦・軽巡洋艦・重巡洋艦ではごく一部の艦船でしかパラメータ上昇しない。(端的にいうと雪風・島風・利根・筑摩のみであり、実質的に重巡洋艦2種以外はレア艦種であり選択肢になりえない)戦艦・空母がパラメータ上昇のメインになるためそのままではレベルアップ以外の数値上昇はかなり困難となる。
従って、対空を上げるには改造後の艦船を合成素材としていくのが効率がよい……のだが大半の駆逐艦・軽巡洋艦・重巡洋艦が改造後でも対空地上昇幅が+1しかなく、改造までのレベルアップコストも考えると実用的とは言えない。
数少ない実用的なパラメータ上昇素材は以下の通りとなる。

●最上改…最上をLv10まで上げて改造すると、対空+3の素材になる
●五十鈴改…五十鈴をLv12まで上げて改造すると、対空+4(ボーナス込みで実質+5)の素材になる
●摩耶改…摩耶をLv18まで上げて改造すると、対空+4(ボーナス込みで実質+5)の素材になる

その他、艦船が余り気味なら以下も狙える。

●飛鷹・隼鷹…軽空母だが、それなりに手に入るので素材になりうる。上昇幅は改造前後ともに+3
●千歳・千代田…水上機母艦だがそこそ手に入る。Lv15まで上げて改造すると+3の素材になる
●伊勢・日向…戦艦だがこれもそれなりに手に入る。Lv10まで上げて改造すると+3の素材になる。
●金剛級・扶桑級…戦艦だが、それぞれLv25あるいはLv20まで上げて改造すると+2の素材になる。金剛級は改造すると41cm砲が手に入るのでそれ目当てもあり。
建造・開発
建造…資源を投入して新しい艦船を作ること
開発…資源を投入して新しい装備を作ること

建造は投入資源量と資源比率により製造艦艇テーブルが変わると公式に明言されている。私は世間的に流布している比率で建造を行っている。

戦艦レシピ:400/100/600/30
この比率はそれなりの頻度の戦艦と、それよりも多い頻度の重巡洋艦が製造される。現時点の主力レシピ。開始数日の時点で本レシピ2回目ののチャレンジで戦艦陸奥ができたものの以後大当たりを引くことはない(´・ω・`)

重巡・軽巡レシピ:250/30/200/30
軽巡洋艦と重巡洋艦しかできたことのないレシピ。現時点で特にこれらの艦種は必要ないので最近使っていない。

空母レシピ:300/30/600/400
そこそこの頻度で空母・正規空母・軽巡洋艦ができてくるレシピ。重巡洋艦もできたか?瑞鶴と加賀を引いているレシピだがここしばらくは使っていない。


開発レシピ

装備開発は、司令部のレベルと第一艦隊旗艦の艦種によりテーブルが決まると公式発表がされている。
自分で試してある程度判っているテーブルの組み合わせは以下。

旗艦:軽巡洋艦
機銃と爆雷が出来上がる

旗艦:戦艦
機銃と手法が出来上がる

旗艦:空母
艦載機が出来上がる。

どこかのゲームブログで、開発は出来上がる装備を分解した際に得られる資源の10倍を投入していると開発成功し、それ以下だとテーブルから抽選された場合に開発失敗するのではないかとの仮説が立てられていた。これを知ってから艦載機を作るべく開発を回している。レシピは20/60/10/120。

燃料:どの艦載機も分解した場合には0~2の燃料が得られる。
弾薬:流星改が6、流星が5の弾薬が得られる。ついで天山の4。
鉄鋼:艦載機は分解で鉄鋼を得られない。
ボーキサイト:震電改の12が最ぢ亜。ついで彩雲11、流星・流星改・烈風10、烈風9と続く。
これらを積算すると2/6/0/12となる。資源の最小値は10なので、上記レシピとなる。
司令部レベル47、旗艦が瑞鶴38の状態でこのレシピで開発を行い、流星改・烈風・彩雲等が出来上がることを確認している。なかなかの好成績と言えよう。
再開
唐突に再開

ここ最近艦隊コレクションなるFlashゲームをやっている。大日本帝国時代の艦船を擬人化したゲームで、基本プレイ無料のうえ課金要素が比較的薄い割に中毒性がそこそこ高い。

プレイ中の雑感を「艦これ」カテゴリで適当に書いていくことにする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。