スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休み
8/25から9/1まで嫁実家に帰省していた。嫁はさらに9/8まで実家に滞在。
その間の出来事をダイジェストで。

○帰省前
飛行機で移動するのだが、朝早い時間の飛行機だったため早朝の電車に乗って空港まで移動。空港ビルまで移動してさてお土産買おうかと思ったところで、荷物だったボストンバッグを網棚に置き忘れたことに気付く。あわてて改札まで戻るも乗ってきた車両は既に出発した状態、荷物の特徴と置き場を伝えて調べてもらったが、1回目の車内捜索で見つからず、2回目の捜索で見つけてもらえた。時間が微妙だったが、荷物を空港駅まで送り戻してもらえた。電車の移動が予定より一本早く出来ていたことと、忘れた荷物の場所を覚えていたこと、網棚の荷物を乗客からスルーされたことが幸いしたが、近来稀に見る大失態だった。

○飛行機
子供が寝るかと思っていたがそんなこともなく元気溌剌だった。幸いそれほど大声を出すことはなく、絵本とPSPとリンゴジュースに釣られて比較的静かと言えたか。

○嫁実家
これまでと同じく二間続きの和室に滞在させてもらった。自宅は子供がいじって不味いことになりそうなものはほとんど撤去されているのだが、実家ではそのようなことはないため子供が大はしゃぎ。しかし、モノがありすぎるのか実際に手を出す場所はかなり限られていたように思う。それでも自宅よりはるかに広い空間を走り回ってあちこち覗きまわるので、触ったらまずいところや壊れ物に対する扱いなどは随分気を使った。なにより引き戸がガラス戸で、障子が雪見障子なのでひたすらガラス張りなのが相当気を使う。まだ言葉がきちんと通じないから叩くと危ないところは区別付けられないしね。

○イオン
車で暫く行ったところのイオンモールに行き、トイザらスなどを見て回った。トイザらスではさまざまなおもちゃに気を取られていたが、なにより車のおもちゃへの食いつきが激しかった。音のなるおもちゃもそうだが、海外製の1mくらいある消防車のおもちゃに張り付いて離れなかったり。
ここで緊急車両セットと、お絵かき先生を義母に買ってもらった。お絵かきツールはいずれ買うつもりだったもの。そして緊急車両セットは子供が張り付いて離れなかったもの……

○おもちゃ王国
おもちゃ王国なるアミューズメントパークがあるとのことだったので行ってみた。ちょっとしたアトラクションと、タカラトミーなどのブロック・トミカ・プラレールなどのおもちゃ、木製おもちゃなどが満載の屋内施設との組み合わせのパークだった。子供はほとんどアトラクションには乗れないため、最後に観覧車に乗った。高さを怖がることもなく何もなく終わった。屋内施設の方はあらゆるおもちゃへの食いつきが半端なく、いくつもあるおもちゃにひたすら目移りして遊んでいた。

○親戚家
嫁の親戚の家に遊びに行く。嫁の従兄弟にも子供が生まれており、つまり親戚には孫がいて、そのため孫向けのおもちゃが大量にあった。そして子供がおもちゃに食いついて離れない……最終的に半分くらいおもちゃを貸していただいて帰った。これだけ食いついて熱心に遊んでいるのを見ると買ってやりたくなる気持ちもわからなくもない。

○水遊び
近くに水遊びのできる場所があるとのことだったので、水遊び用のおむつを買って現地にいった。場所は空港の側の公園のようなところで、噴水→坂道→直径8mくらい水深20cmくらいの池→坂道直径8mくらい水深20cmくらいの池→排水溝からポンプ循環して噴水へ、というちょっとした水場だった。噴水と書いてあるが正確には高さ120cm半径1mくらいの水盤の中央から水が流れ出て石板の周囲に水が流れ落ちるタイプの吐水口。
最初のころは警戒して流水にはあまり近寄らなかったが、暫くすると慣れてきたのか好き放題に遊びまわっていた。転んだりすると危ないので私はいつでも救援できるように近場にいたが、さしたる問題はなかった。
空港側なので時々飛行機が離発着するのだが、そちらにはあまり興味がなかった模様。

○牧場
嫁実家の近くに牧場があるのでそこに行ってみた。ここは牛舎のほかにその場でつくるアイスクリーム&ソフトクリーム&週末のしぼりたて牛乳の提供、があり、さらに牛舎側にウサギ、売店スペースそばには馬とポニーを置いている。子供はアイスを拒否し、牛乳は特に何も感じることなく飲んでいたが馬はえらく気に入っていた。
まず馬を見て、次に少し歩いてウサギをみて、その後牛舎の牛を近くから見て大満足の様子のところで車に戻ろうとすると、チャイルドシートに乗せようとしたところで大泣きして全力拒否。どうも動物園よろしく馬→兎→牛とみてきたので次は何かと思ったら車だったので不満大爆発だった模様。仕方なくもう一度馬を見て、ついでに観光地によくある衝立から顔を出す看板で写真を撮ってから帰ることにした。
なお、義父と一緒に翌日も同じ牧場に行った。その際、近くに生えていた草を子供に持たせて馬に食べさせるとえらい勢いで喜んでいた。そのため腰を痛めているというのに義父大ハッスルで大量に草を取ってくる……ありがたいし楽しいのは良く判るが腰が……

○帰りの飛行機
一人で先に自宅に帰ったのだが、その際の飛行機でうまい具合に上空から京都と滋賀、琵琶湖を見ることができた。京都は碁盤上になっている町の構造が見え、そのうえ二条城の敷地と、それを数倍上回る広さの京都御所の敷地を見ることができた。京都御所は目測では京都市街の1/10くらい占めてるんじゃないかという印象があった。また、上空からなのですぐ隣の市がと琵琶湖が見えるわけだが、電車ではそれなりに時間を掛けて移動する距離なのに上空から見るとえらい近く見えるというのも印象的。
琵琶湖は初めて目にしたのだが、思っていた以上に湖岸の距離があるように見えた。あれは本州と四国の間よりも遠く見えるに違いない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。