Aterm PA-WR8370N-HP
少し前にAtermWR8370N PA-WR8370N-HPを買った。
ギガビットHUBが欲しいと思い、どうせだったら無線ルータもいいよね、と思ったため。
無線ルータは実質的に5ポートのHUBとしても利用できるが、5ポートHUBが2000円前後のところ、PLANEXの無線ルータが3500円くらいだったのでこれぐらいの差額だったら無線でいいんじゃないかと思い直す。
そののち、PLANEXの問題のルータはご多分に漏れず派手に地雷のようなので素直に鉄板になるNECの機種を選ぶ、価格.comの最安値とポイント割引後の名目価格が同一だったためヨドバシカメラで購入。4960円なり。10%ポイント割引すると4464円
そしてHUBを買う時と比較して倍以上の値段になっているといまさらながら気が付く。まあ11n規格無線がついてきたと考えれば、いずれは欲しいと思っていたものなのでよしとしよう。
機器そのものは特に何も困ったことが起こらずに接続を完了した。今回はSSIDに設定してみた。しかし、Windowsか見てみると無名の無線ステーションとしてリストアップされることが判った(´・ω・`)そもそもリストアップされないのかと思っていた。

暫く使っているが、特に問題になることは起こっていない。ついでに無線規格が変わったにもかかわらず速度の体感も変わっていない。使っている端末やアプリの特性なのだろうか、負荷掛ければ変わってくるのかもしれない。

TV側がネットワークから隔離される形となった。できることならば有線LANを引き回したいが、今の家の構造だとかなりの困難を伴うため、無線コンバータを使ってネットワーク接続するのが妥当な解になると思う。
要件は以下
(1)11nに対応すること(5GHzは必要ではない)
(2)LANポートができれば3ポート以上あること
(3)有線側がギガビット対応していること
そして、これらの要件を十分満たす機器は購入を検討した不具合報告満載のplanexルータとなる。amazonで\3600だから買ってしまってもいいか。
スポンサーサイト
週末やりたかったこととできたこと
やりたかったこと
・庭木の刈り込み(金木犀・檀・花梨・白木蓮
・芝生の整備(苔とり、雑草抜き、除草剤散布)
・下草の整備(日陰領域の改善、アイビーの削減)
・2F洋室のゴミ整理
・HDDの整理

できたこと
・庭木の刈り込み(金木犀[80%])
・芝生の整備(一部雑草抜き)
・子供映像のDVD書き出し
・実家訪問

なかなか思い通りにはいかないね。

○庭のこと
(1)金木犀
金木犀が隣家の屋根に届くくらいにまで大きくなってしまっていたので、時期を考えずに大きく刈り込んだ。隣家に侵入している枝を元のあたりから数本切り落とした。また、枝の大半は自宅敷地に入っている枝は伸びている部分のみを一旦切り落とした。さらに、自宅敷地側でも手が届く範囲で目立って枝の生え方が良くない枝を数本元から切り落とした。しばらく前に買った太枝切り鋏が大活躍であった。
屋根に引っかかる枝はなくなったが、まだ隣家に侵入する枝が残っているので今週末に再度刈り落とす。

(2)檀
天頂方向に大きく伸びあがっている枝を一本だけ刈り落とした。隣家に入り込んでいる枝には手が届かず。花が終わって間がないこともあり、花軸がボロボロ落ちてきて作業がかなりしづらい。高枝切りを使って適当に切り落としたほうがいいか、やり方を考える。

(3)夏椿
枯れてしまった夏椿が一本だけ未撤去で残っていたので、これを撤去した。根元がしっかりしているように見えていたので切り株にしないといけないと思っていたが、幹をつかんで動かしてみると根元は既に腐っていたようで強く捻ると元から抜けた。一本だけ鋸で切り株にしているが、この株も力づくで抜けるのかもしれない。

かなり枝屑がでているが、先週末にゴミ袋に始末しきることができていない、というか先週から放置しっぱなし。夏椿の残骸は玄関に、金木犀の残骸は倉庫の屋根と倉庫の前に積み上げてしまっている。夏椿側は枝だけなので見栄えが悪いだけだが、金木犀は葉が散ってしまうのでできれば週中にも枝を倉庫の上から南通路に移動させる。ゴミ袋に入れる作業は週末しかできない....

蚊の季節になっている。敷地内の雨水枡はほぼ密閉されているうえそもそも水が溜まっていない状態だったので発生源にはなりにくいと推測できる。他の発生源候補を探して蚊の発生を軽減する。
発生源候補は以下のようなものか
1.道路沿いの側溝
2.カーポートの屋根
3.倉庫裏のあたり
4.その他
特に南側で蚊が多いので、生息域を潰して発生の軽減と生息数の軽減を図る。
生息域は以下か
1.南面アイビー、葉薊、紫蘭等の日影を大量に作る下草
2.倉庫前紫陽花、ホタルブクロ、クリスマスローズあたりの湿気の高い下草
3.梅の下の草や白木蓮の下の草
毎回撤去操作をしようとしてはなんとなくもったいないと手を付けるのをやめてしまっている。これの繰り返しだといつまでたっても綺麗な整理ができないので思い切るタイミングを作る。

○芝生
ダイニング出窓下は薔薇と水仙とアイビーが繁茂しており芝生がほとんど潰されてしまっている。ここにはカタバミも大量に生えていたので、とりあえず地面が見える状態にまで整理した。
アイビーと水仙は葉を全て薔薇の根本側に押し込み、ミントは全て抜いて芝生領域をクリアにした。そのうえで蔓延っているカタバミのうち1/3くらいを根から掘り抜いた。おかげで地面は見えるようになった。
さらに、前面に渡って単子葉系雑草が増えていたので目につく範囲だけだが大まかに撤去した。
土壌整備と芝刈りが全然できていない、また、芝の育成を助けるためと称して根切りもしないといけない。根切りはスコップを使えばそれっぽいことはできるはずなので、ひとまずそこからやってみる。

○子供映像
暫く放置していたので一気にDVDに焼きつけた。期間的には2011年末から2012/3中旬くらいまで。DVDにして7枚分を3セット焼き付けた。
その後つい先日いっぱいになった16GBのSDカードからデータを取り込んだ。焼き付けの残り分と合計して約18GBがHDD上に残存している。DVDにして4枚くらいか?これも週中に焼き付けきってしまう。
先週末状況
○剪定、撤去作業
(1)山茶花
トリマーを使ってそこそこバッサリと刈り込んだ。隣家沿いの駐車場側にトリマーが届かず刈り込めていないので、隣家の様子を見つつここも刈り込む。ただし、仮に実施できなくてもとりあえずは問題ないレベルになったと思う。高さはあまり下がっていないか。高さを下げようとするとトリマーでは歯が立たないので刈込鋏を使って人力作業をする必要がある。

(2)躑躅
トリマーを使って高さを20cmくらい下げる感じにバッサリとやった。その後刈り込みばさみを使って刈り残しを刈り込んだ。結果天頂部はほとんど枝しかない状態になった。綺麗平面に刈り込めておらずでこぼこしている、高さがまだ高いかもしれない、などあるので、今週末に気が向いたらもう一度手動で刈り込む。

(3)金木犀
庭から簡単に手の届く範囲にはトリマーを掛けて枝をバッサリと落とした。上部には全く手が届いていないので、高枝切り鋏を持ち出して高くなっている枝を落とす必要がある。その後、内側の枝を剪定して隙間を開ける。

(1)山茶花、(2)躑躅は一応100%完了、と言ってもいい。(3)金木犀は15%完了といったところか。

(4)檜扇水仙撤去
花梨~躑躅の近辺に生えまくっている檜扇水仙を目につく限り引っこ抜いた。根と球根は大量に残っているがこれは芽が出てくる毎に抜いて対応する。

(5)ホトトギス一部撤去
倉庫前の紫陽花下に群生しているホトトギスを、一部を残して地表部分を引き抜きまくった。地下茎は大量に残っているはずだが、個別撤去は手間がかかるので後回しにする。

○リビング模様替え
PCラックにしていたスチールラックをリビングからダイニング側に移設し、合わせて配線を天井側のモールを通す、カラーボックスで無理やり隠蔽する等の対処を行った。あとは電話をどうにかしてベビーゲートをダイニングとキッチンの間に設置すればリビングを拡大できる。

○子供のこと
やや体調を崩しており、週末はすごい勢いで下痢になっていた。おむつを換えて後始末をするとまたおむつ換えが必要になる勢い。しかも結構な頻度で漏れる。勢いが激しいというのもあるとはいえパンパースにはもう少し頑張ってもらいたい。
ちなみに体調を崩すのと前後して普通の離乳食を拒否するようになった。代わりにスナックパンばかり食べる。離乳食がおいしくないわけではないと思うし、そもそも口に入れる前から拒否するのでおそらく気分だけの問題と思うのだが。体調が戻ったらちゃんと食べるようにしてやらないといけない。
無理に食べさせると戻すし(´・ω・`)

○庭再び
剪定以外にも面倒を見ないといけない。
(1)紫陽花
紫陽花が2か所にあるが、どちらともナメクジの食害が酷い。ナメクジ退治の薬を撒いてみる等の何らかの対処が必要。
(2)薔薇
薔薇にも虫がついている。これも何か対処が必要。また、毎年のことだが黒斑病も発生しているのでこれも何か対処しないといけない。
雨戸前に残している薔薇は葉と花が大量についた結果枝が重量に負けて地面に倒れてしまっている。支柱に引っ掛ける形でとりあえず支えてみたが、きちんと支柱を立て直して止めてあげる必要がある。
(3)芝刈り
季節もよくなってきたので芝が良く伸びてきている。2~3週間ごとに刈るのを忘れないようにする。
(4)蚊対策
早くも蚊がでてくるようになっている。下草を整理して蚊の生き残る場所を減らすとともに、各植栽にオルトランを撒いて殺虫対策をしてみる。クリスマスローズあたりと南側のアイビー、紫蘭あたりに撒くと効果があると期待したい。
(5)苔除去
植木よりの芝には銀苔と銭苔がかなり侵食してきている。掘り返して撤去したいが、水捌けと日当たりを改善しないと撤去と再生のループになりそう。
庭整備
既に春もかなり進んできてしまっており、植栽の整理はかなり時機を失しているものもある。しかしだからと言ってここで整理を放棄すると状況は一気に悪化するだけなので、土壌整理の前に植栽整理を先にやってしまう。

(1)山茶花
花が終わり今がちょうど剪定のいい時期とのこと。借りているトリマーを使ってバッサリと切り刻んでおく。高さがやや高すぎてメンテナンスしにくい状態になってしまっているので、高さを下げる方向でバッサリとやってしまう。
天頂部分だけでなく、両脇部分も厚みをやや減らす方向で刈り込む。特に隣家側の車庫上部分が放置され気味になるのでここを綺麗に刈り込むようにする。
これは5月中に実施したい。

(2)梅
梅の枝が例年通り伸びてきている。これも放置すると後々えらいことになるので今のうちにバッサリと切ってしまう。枝を大きく残していても樹形がみっともなくなるだけであまりよいことはなかったので、今年はバッサリといく。ただし、実際に剪定をするのは実が落ちてからにしたいので7月頃が目標になるだろうか。

(3)白木蓮
去年ほとんど手を付けなかったら縦方向にまたかなり伸びてしまった。2Fの窓を越えると手が付けられなくなるので、まずここを伐採する。ついで枝ぶりを確認して混雑しているところを間引く。これは5月中に実施したい。

(4)花梨
枝ぶりは上に伸びた量がやや多いくらいでまだ困る程度ではないが、そもそも花梨があまり使い出がないという点が困ると言えば困る。かといって一気に伐採するだけの気概もないので、葉の出ていない枝を中心に枝を落としてゆくゆくは切り株にすることを目指す。場所があまりよくないので隣家の車がいない時を狙って剪定する。
これは5~6月くらいに実施できればよい。

(5)金木犀
昨年秋にそこそこ伐採して気を抜いていたら、この春に一気に枝を伸ばして手の付けられないことになりつつある。剪定時期は冬らしく時機を失しているが、このまま放置すると状況は悪化するだけなので思い切って一気に剪定する。背の低い部分はトリマーを使って枝を落とし、隣家に入り込んでいる部分は鋸も使って低い部分から切り落とす。また、今の時期にやることではないが強く剪定をして樹形を圧縮する必要もある。この時期には剪定すべきでないとされているが、これは剪定すると花芽がつかずに花が咲かない、との意味だと思い込むこととして、思い切り剪定する。剪定しないと隣家への影響がシャレにならない。

(6)真弓
引っ越して以来名前のわからなかった謎の木だが、本屋で「庭木を調べる」みたいな本があったのでぱらぱらとみてみたところどうもマユミというのが似ているように見えた。この木は毎年この時期に花を大量につけ、どこからかミツバチが大量に寄ってくる。このため樹からかなり離れていても羽音がうなりになって聞こえる。
これもかなり枝が混んでしまっているので、花が終わった後に枝を落とす。
花は咲くが実がなったところを見た記憶がなかったのだが、雌雄別株らしいのでこれは雄株なのかもしれない。

(7)躑躅
いつの間にか花が終わっていた。花が終ったあとに新芽が広がりまくる前に強く剪定すると丈を詰めることができる。日当たりが微妙ではあるが今の丈は高すぎるので、葉をなくす勢いでバッサリと切り落とす。奥行きも詰めて、柵まで手が届くようにするとベスト。

剪定の実施順序は
山茶花→金木犀→躑躅→白木蓮→花梨→真弓→梅といった感じ。山茶花と金木犀は特に急ぐ必要がある。
山茶花と躑躅はトリマーを使えば切るのはすぐなのでまずそちらから着手するか。ゴミの始末に時間がかなりかかると予測できるのでそちらの時間も見込んでおく必要がある。
ゴールデンウィーク中のはなし
GW中はついうっかり外出してしまって庭作業があまり進まなかった。

○ホームセンター
現在住んでいる地域は、車で常識的に移動可能な範囲内にホームセンターが3か所ある。そのうちの一箇所、スーパーで買い出しに行くところの近くにあるホームセンターは小型幅広の滑り台が設置されたキッズルームが開放されている。ここに子供を連れてきて遊ばせていた。居住地域は古い住宅街ということもあり同年代の子供の姿を見つけることが難しいため、このようなスペースは子供が他人とのかかわりを持つ空間として活用できている。かなりありがたい。
尤も、朝早めの時間帯に行かないと人が多くなるため今の年齢では危険になる。多すぎずかつ一人ではない時間帯というのは意外と狙いにくい。ある日午後に行ってみたら人が多すぎて早々に撤退する羽目になったので、当面の間は午前中に行くようにした方がよさそう。

○住宅展示場
ホームセンターの側に住宅展示場が新設された。当面住居をどうにかする予定も予算も心づもりもないのだが、それはそれとしてこういった展示場は心惹かれる場所なのでホームセンターに行った流れで行ってみた。それも二日も。
オープン記念ということで、いずれの展示企業も相当に人を投入している。さらに大道芸を呼んだり各種イベントを開催したりとかなりの力の入れよう。ここは300m程離れた道路沿いに同じような住宅展示場があるのでなんでわざわざ新しく作ったのか疑問だったのだが、聞くところによると既設の展示場は閉鎖してしまうらしい。跡地には商業施設+住宅の複合型集合住宅が建つとかなんとか。
二日行ってかなり見て回ったもののまだ見ていないハウスメーカーがあるのでまだまだ楽しみが残っている。

○雑草処理
芝生領域の雑草を抜いていたがいい加減量が多すぎて全く追いつかなくなってしまっていたため、やむを得ず選択性除草剤を撒くことにした。使ったのは2.4-Dアミン塩で、広葉系雑草に選択的に効果を表す除草剤、とのこと。植栽の移植が追いついていないのである程度場所を選びつつ撒く形をとった。午前中に撒いて、夕方前に雨が降ってきたのでどうなることかと思ったが、除草剤を撒いた範囲のカタバミは翌日には一通り全滅コースに乗っていた。前回撒いたときはなかなか枯れなかった記憶があるので、やはり撒く時期が重要ということなのだろう。
除草剤を撒かなかった領域は手作業で草抜きをする。

○植栽整理
昨年食べた文旦の種を取っておいて蒔いてみたところ、予想外に多数芽を出してまともに苗になってきた。あまり芽が出ない想定で蒔いていたので、今回きちんと育てることができるように苗木として個別に鉢分けした。ホームセンターで10個200円の安くて小さな鉢を調達し、また土を買ってきて全ての分担を根から掘り上げて一本ずつ鉢に植えて苗木にした。二週間程度様子を見て、定着するようならば肥料を追加する。
栽培していた小松菜をあまり活用できずに枯れてそのまま放置していたプランターを整理し、ゴミをゴミとして処理したうえで土を足して水を撒き、新たに種をまくことができるようにした。ダイソーで(というのがある意味かなり不安をあおるところではあるが)バジルとルッコラの種を買ってきているのでこれを蒔くことを考えている。
アボカドの苗が大きくなってきており、昨年植え替えた鉢は底から根がはみ出すくらいに大きくなってきている。根が張りすぎているので植え替えが必要。鉢は以前パキラを植えていたものがあるのでそれを使えばよい。当初パキラを植えていた鉢にはゴムの木が植わっているが、こちらも育ち具合が微妙なので玉突きに植え替えをしてもいいかもしれない。「ゴム→空いているパキラの中鉢」「アボカド→ゴムの今植わっている鉢」のながれ。
庭で立ち枯れてしまった夏椿を一部伐採した。何本かある幹のうち一本はアイビーがしっかりと絡みついていたが、このアイビーの茎は8mmくらいの太さになっていた。が、残しても仕方がないし手間がかかるだけでしかないのでアイビーごと根元から切り倒す。大きめの幹は4本あったが、うち2本は根元が既に腐っていていつ倒れてもおかしくない状態になっていた。一本は鋸を入れて切り株にし、2本は根元から抜いた。残り1本は切り倒した枝を始末してから切る。今回も切った後の始末ができておらず玄関に積み上げてしまっているので、次の週末までに本気出してゴミとして始末する。

○門扉掃除
門扉が結構汚れていたので、雨が降ったところを狙ってブラシ掛けをした。ブラシの届く範囲の汚れはほぼすべて落とすことができたため、薄汚れた印象になっていた門扉がほぼ真っ白になった。何がついて汚れていたのか不明だが、泥はねではないようなところも汚れていたので、苔類が生えていたのかもしれない。

○南面土壌整理
土混じりの砂利を篩にかけて土と石と砂利を分離することを計画している。適当に篩を掛けていても作業の手戻りが多く一向に砂利のみの分離がはかどらないため、中目で篩って残った砂利を水洗いして土嚢袋に詰め込むことにした。砂利を洗うために篩が丸ごと入るサイズのタライをダイソーで調達し、ほんの少しだけ洗いも行ったものの、他のことを主にやってしまっていたためほとんど作業は進展しなかった。ただし、作業方針そのものは問題なさそうなので今後も同じ作業方針で作業を進める。篩と洗いの作業は中目と細目で2回ずつ実施すれば砂利、細かい砂利、土or泥を狙った通りに分離できるはずなので、それを目指して地道に作業を進める。
ゴールデンウィーク向け
○雑草
庭の雑草がひどすぎる。収拾が全くつかない状態になり果てているので、カタバミを中心に選択性除草剤を撒いて収拾を図る。が、除草剤を撒くための前準備になる既存植栽の移植が全く進んでいない。移植が進んでいないから除草剤を撒かない、を放置しているといつまでたっても除草されないので、一旦根が残ることはあきらめて葉っぱを全て毟って見た目上雑草が目立たない状態にする。
芝の中にはネジバナが育成している。これは残しておきたいが除草剤の影響を受けるので、ネジバナの生えている領域は除草剤を撒かずに手で雑草を毟る。

○南側整備
南側の掘り返しがかなり大変。
細目を通るもの→土
中目を通るもの→小砂利
中目を通らないもの→砂利
と区別し、それぞれの配置先を変えようと思っている。思っているのだがこれがなかなか難物で、湿っているうえに掘り返したばかりの土砂を篩にかけるので通り抜けないしゴミや猫の糞が混じっているしで困難を極める。
糞を取り除いてから篩にかけ、そのうえで水洗いすると土と土以外を分離できるはずだが水洗いするためにはタライか篩を新しく調達する必要がある。作業効率の面ではタライを買ってくるのがよいか……

荒目を通らないものはかなり少ない。土嚢袋を駆使して処理済みの砂利を領域から運び出していくことを考えるとよいだろう。多少作業を並行させても、同じ場所にある物資の総量を減らすことは後々有効に働くと期待できる。

(1)土砂を荒目で篩にかける。この時篩の上で除去できるゴミは除去する。また、明らかに大きな石は土嚢袋に入れる。篩に残った砂利は石とは別の土嚢袋に入れる。篩を通ったものは篩を通す前の山と同じ場所に積み上げる。

(2)土砂を中目で篩にかける。この時篩の上で除去できるゴミは除去する。また、明らかに大きな石は土嚢袋に入れる。篩に残った砂利をタライに張った水で洗い、残った砂利を(1)とは別の土嚢袋に入れる。篩を抜けた砂利は篩を通す前の山と分ける。

(3)土砂を細目で篩にかける。この時篩の上で除去できるゴミは除去する。また、明らかに大きな石は土嚢袋に入れる。篩に残った砂利をタライに張った水で洗い、残った砂利を(1)、(2)とは別の土嚢袋に入れる。篩を抜けた土は土の領域に置く。

土嚢袋が、石、大きな砂利、中程度の砂利、細かい砂利の4通りになる。篩処理は3回必要で、水洗いを抜けた砂利混じりの土は砂利混じりの土として最終的にもう一度細目の篩を通して砂利と土を分離する。

(1)から(3)の処理をすべて通過すると掘り出した土砂は次のように分離される。

(1)洗っていない石
(2)洗っていない大きな砂利
(3)洗っている砂利
(4)洗っている細かい砂利
(5)洗っていない土
(6)砂利を洗った泥
(7)ゴミ

(4)を中目で篩って、篩に残ったものを(3)に混ぜる。
(3)を荒目で篩って篩に残ったものを(2)に混ぜる。
この後作業をするとそれぞれの地点のものの粒度は調整済みとなる。
何日かかるか見当もつかないが、どこかに作業のブレイクスルーポイントがあると信じたい。

○南側植栽の調整
南側の主要な植栽は現状斑入りのアイビーだが、これが野放図に伸びており密度は出ているもののはっきり言って収拾がつかない。春の新芽が山ほど出ており全撤去するのはもったいない意識が湧き上がるので、今度の南側作業の前に間引きをする。
土の面が見えるくらいまで切り詰めることを思い切りたい。

○夏椿の撤去
2年ほど前の冬に夏椿が少し暖かくなったタイミングを張ると勘違いして葉を出し、その後冬に突入して当然のように葉をすべて落とした。その際にとどめを刺されたらしく以後葉を全く出していない。単に葉が出なかった年なのかもと思いしばらく置いていたが、枝が折れるなどの状況に至っておりやはり完全に枯れてしまっている模様。このまま放置していても場所を食うだけなので根元からのこぎりを入れて撤去する。根は掘り起こせないので切り株状態にする。
アイビーが絡みついている。かなり長く伸びておりここでももったいない感満載になるが、残しておいても邪魔になるだけなのでこれも根元から切り落とす。

○檜扇水仙の撤去
別名貧乏草。花も咲くはずなのだがひたすら葉が出てくるだけといってもいい状態なのでこれも根こそぎにする。とはいえ土壌処理までしていたら日が暮れるので目についた葉を引っこ抜くまでにとどめる。

とりあえずここらまでゴールデンウィーク期間中にやっつけられるといいなぁ